読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水の味が変わる❗

コップを2つ、ペットボトル一本、紙と鉛筆を用意して始めます。紙に次のような図を描きます。(セーマンと言います)コップにペットボトルから水を注ぎます。片一方のコップの下にこのセーマンを敷きます。そしてあなたが、セーマンのコップに対して水の味が…

幻の名作『デビルマン』

永井豪の作品のなかで最高傑作は「デビルマン」であることに異論はないであろう。この作品は『魔王ダンテ』の延長線上にあるだけでなく、人間の真の存在を露にした作品である。永井は作品の制作課程で意識レベルが格段に向上している。そして非常に哲学的な…

恥を知る‼日本人の心情

感動を呼ぶ、ひとつの話(日本の昔話)昔、一人の浪人がいた。妻をなくし子供が一人あった。町人の子供たちと遊んでいた浪人の子供が、皆と同じに「私も赤いご飯食べたよ」と語った言葉を聞いた。その子らが家に帰って「浪人の子供も赤飯食べたんだって」と家…

武道の極意その壱

『集中力』と『注意力』この二つのちからは、同じ様で全く違うものです。集中力は本能的な力で、昆虫や動物など総ての生物に自然に備わっているものです。しかし、注意力は人間に備わった相対的に働く力で意識の持続を必要とします。格闘技やスポーツは、本…

御祓について

日本古来の神道の行法である『禊』について語ります。(入門編)古事記のなかで伊邪那伎乃命が黄泉の国より戻り、穢れを祓うために禊をしたのが初めてで、以来我が国では、老若男女、身分を問わず現在まで続いています。神道行法として、神官が実践し、山岳修…

怨みと呪い

『人を呪わば穴二つ』とは言ったもので、呪いは、必ず返ってきます。これを『返しの風』が吹く、と言います。恐ろしきは、人間の持つ嫉妬心である。『あいつのせいだとか』、『あいつが死ねばいいとか』、『末代まで祟るとか』、『一族を根絶やしにしてやる…

眷属神について

人はよく勘違いをしますが、神様についても大きな間違いを犯してしています。 神は人間など救ってはくれません!神は人間の事情などは全く考慮しません。 ましてやそういう存在ではありません。 神とは、この宇宙にあまねく蔓延している存在として、絶対悪と…

天狗さんに会いに行きました‼

一昨日、天狗さんに会いに北関東のある修験の山に行ってきました。 宿坊について荷物を預けて、山道を上ること10㎞位の処にある奥社の磐座(修行場)に行って来ました。 そこで、祠の前に神撰を備えて簡単な祭壇を設けて天狗さんに繋ぐための行をしました。 祝…